泣いてもいい
もう誰にもその感情は届かないから
分かってやることなどできないから


誰かに触ってもらうこともないその感情を私はただ抱きしめましょう


心の中でうごめく得体の知れぬもの
ねじれていく


熱めの珈琲を淹れよう
身体がかじかんでるんだ


「今日は無印に行ってラベンダーの匂いがするアロマフューザーの煙を頭からただ浴びてたよ。しあわせだった」


「こんな曲を最近聴いてるんだ。とても好きそうだね」


「セーターを新しく買ったんだけど似合う?」


あぁ、そうか。思い付くけどいないんだった


そやった、そやった


夜が明けて目を開けたら希望の朝があなたにおとずれますように


f:id:timetraffic:20170213224118j:plain