???「通行人Aを家に泊めるわけないでしょ!」

???「ゲップを三回聞いたら願い事が叶う」


朝方に往復ビンタと神の御告げ(ゲップ)を聞いて少し寝て仕事へ。とにかく固結びだったものがほどけた。めんぼくないです。いろいろ勘違いしてました。なにあの配信。自分から連絡もろくに出来ないの?なんとなく悩んでことがとてもマイルドになってなくなりました。聞いてくださってありがとうございます。へへへっ。もっとインターネットを上手く利用する。インターネットの海でゆっくり平泳ぎする。勿論、現実も楽しく真面目に生きよう。欲張りなのでどっちの人とも繋がっていきます


さて、元凶というかツイキャスを私に教えた人を紹介しますね。はじめちゃん(仮)です。2年前に通い妻ごっこしてた相手でした。自分は一切配信をやってないのに「妹がやってるよ~」の一言で私が検索して…まさかこんなことになるとは。どうしてくれるんだ。バカ。独り言がべらぼうに上手くなってしまったじゃないか。まあいいや


私が働いてるところは建物の2階にある。偶然会う場所でもない。店頭に行くと見覚えのある背の高い男の子が立ってる。一回気まずくて目を逸らしたんだけど、横目で見たらニコニコしてこっちを見てるのが分かった。観念して挨拶した。はじめちゃんが愛くるしい顔で笑ってきやがる


「どうしたん?随分痩せたね」


「うん、まだまだだよ。前にさ、ここに異動するって聞いてたから来てみた。俺、スマホ変えたら連絡先消えちゃったんだよね」


(…なんでわざわざ会いに来た?最後の言葉はどうせ付き合わないから会うのやめようか?うん!みたいな感じでさっぱりやったやーん。寂しくなったのかな)


「休みの日、BBQとかして楽しいよ。今度一緒に行こうよ。友達誘ってもいいからさ」


「あー、頼むわ。私休みの日は大抵部屋で体育座りしてるから(実話)また野菜炒め食べさせてよ」


ここではじめちゃんが作る野菜炒めドーン。ボールにまんま入れちゃうだから。でもとても美味しいの
f:id:timetraffic:20160506021701j:plain

休みはお互い合わない。彼は週4で日曜のみ。私は平日休みの不定期。私は彼にとって日陰の女でスーパーで手を繋いで買い物に行くのが唯一のデートでした。それがなんと太陽の光を当たらせていただけるお誘いをする日が来るとはね。へぇ


連絡先ね。LINEのIDと電話番号を紙に書いて渡す。数分後、「書いた紙落としちゃったあ~」とまたニコニコ戻ってくる。ドジっこ。私の個人情報をその辺にばら蒔いてなんだと思ってるんだ。もう


「もうすぐ仕事終わるから、その辺散歩しない?はじめちゃん」


二つ返事で入り口で待ってるって言ってくれた。その後の私の高揚具合はこうです


「やべぇ、昔の男来た。店長!イベント発生したわ。これ。なんかあるぞ」

「リップだ!リップ!頑張れよ!」


タイムカード切る。退勤早い早い。階段駆け足急ぎ足で香水ツープッシュ手首、首、ガム、リップ塗り塗りっすよ。鏡なんて見なかった


車の中で珈琲を飲んで互いに一服しながら、近況報告。はじめちゃんはaiko家入レオを聴かせてくれた。やっぱ腹減ったから飯でも食おうよとなり近くのパスタ屋へ。予想通り、アイスミルクティーを注文する。可愛いな。たらふく楽しく食べてさあ解散。またねって駐車場で別れてきた


この話には最後ちょっと気になる点があって、私彼に目撃されてるの。どこだと思います?

『LAWSON』だよ

私がよく車の中で配信してるとこだよ。ヒィ…